日本眼科学会認定眼科専門医、医学博士


疾患の説明


クリニックご案内
公共交通機関での来院方法
院長紹介
スタッフ
診療内容
白内障
緑内障
翼状片
糖尿病の眼合併症
眼瞼下垂
眼瞼けいれん
花粉症
網膜前膜
Q&A
HOME
白内障

白内障とは・・・

  白内障とは水晶体の病気です。
  物が見えるには、光が眼の一番奥にある網膜に届いて、網膜からの信号が視神経を伝わって脳まで届く必要があります。光が網膜に届くまでには、角膜、前房、瞳孔、水晶体、硝子体を通る必要があります。
  通常角膜から網膜までの距離は24mmくらいです。水晶体は、直径10mm、厚さ4mm程度の大きさの、厚さを調節できる弾性のあるレンズの役割をする器官で、角膜と虹彩を通ってきた光のピントを網膜の上に合わせるために存在しております。
  水晶体が老化すると、均一で透明な器官だったのが、大福もちのように中の”あん”の部分と”皮”部分にわかれ、”あん”の部分が硬化してきます。  年を経るにつれて、レンズの弾性が失われて厚さの調節ができなくなってきます。次第に近くにピントを合わせることが困難になり、老眼となります。通常、老眼は40歳くらいから自覚されるようになります。
  水晶体に白い濁りがでてきて光の通過が妨げられると、霧の中にいるような霧視やまぶしい感じの羞明、視力低下などを自覚します。 この濁りが、”あん”に強いものを、核白内障といって、片眼で見たときの複視(物が2重、3重、になっても見える)の原因になります。
  濁りが、”皮”の部分に強い場合は、皮質白内障といって、明るい日にまぶしく感じたり、霧の中にいるような見えにくさを自覚するようになります。
   大福もちを入れている袋の部分の直下に濁りが出る、後嚢下混濁では、1ヶ月前まではっきり見えたのに急に視力が低下したと感じることもあります。
  いずれにせよ解決するには手術が必要です。 手術すれば治る病気ですので、白内障と診断されても心配する必要はございません。


過熟白内障

過熟白内障


    92歳の女性の方、術前視力”手動弁”、術6日後矯正視力”0.8”
  2009年に私が手術しました。この方の白内障はかなり進行しており、眼底が全く見えないひどい白内障でした(このような進行した白内障を過熟白内障と呼びます)。視力も手の動きがやっとわかる程度でした(手動弁)。私が行っている、極小切開白内障手術では、手術時間は通常10〜15分かかりますが、この方は水晶体の硬化が強かったため24分もの手術時間を要しました。
  2.2mm角膜極小切開で、丁寧に手術したところ、術翌日にはかなり綺麗になっておりました。この方は、幸運にも網膜がほとんど痛んでおらず、6日後の再診時の視力検査で0.8までみえておりました。
  白内障が進行しすぎて、全然見えなくなっていても、光がわかる場合はあきらめないでください。ここまで進行する前に眼科受診して下されば、術者も助かります。