日本眼科学会認定眼科専門医、医学博士


疾患の説明


内科で糖尿病を指摘されたら、眼科を受診しましょう。

クリニックご案内
公共交通機関での来院方法
院長紹介
スタッフ
診療内容
白内障
緑内障
翼状片
糖尿病の眼合併症
眼瞼下垂
眼瞼けいれん
花粉症
網膜前膜
Q&A
HOME

糖尿病眼合併症

内科で糖尿病を指摘されたら、眼科を受診しましょう。糖尿病の3大合併症の一つである眼合併症について説明します


糖尿病性白内障

糖尿病白内障

 糖尿病では、血糖コントロールが不良であった場合、若年でも白内障が出現します。私の経験した最年少の白内障手術患者は19歳の糖尿病の方でした。この写真の方は31歳の方ですが、すでに車軸状の皮質混濁が起こっております。

増殖性糖尿病網膜症

糖尿病

 極端な糖尿病網膜症の方です。すでに両眼ともレーザーによる汎網膜光凝固術が施行されております。右眼には増殖膜が出現しており一部網膜血管を巻き込んで網膜剥離を起こしております。

硝子体出血

糖尿病

網膜から硝子体中に向かって発生した新生血管が破綻したときに硝子体出血が起こり、突然の霧視を自覚することになります。

糖尿病で失明しないためには

糖尿病網膜症で失明しないためには早期発見、適切なタイミングでの治療が必要です。
糖尿病を診断された時点で眼科を受診し、
眼底に異常が無い場合は最低でも1年に一回、
単純網膜症(少し出血がある程度)場合は3〜6ヶ月に1回、
増殖前網膜症(やや危険な状態)1〜2ヶ月に1回、
増殖網膜症(危険)2週間〜1ヶ月に一回の定期的な診察が望ましいです。
増殖網膜症で視力低下が始まる前にレーザー網膜光凝固術等により網膜症を沈静化し増殖網膜症への進展を阻止する必要があります。自覚症状が出てから受診された場合はすでに増殖網膜症になっている場合がほとんどです。